蓮と睡蓮の違い

私にとって、「ワニ」といえば、クロコダイルもアリゲーターも

ガビアルも「ワニ」である。しかし、これら三種類は全く別物

らしい。


英語で"lotus(ロータス)"といえば、蓮のことでもあるし、

睡蓮のことでもある。蓮を"Indian lotus(インドの蓮)"、

睡蓮を"Egyptian lotus(エジプトの蓮)"と言うこともある

ようだが、頻繁に混同されている。


興味深いことに、辞書でも混乱が見られる。


★広○苑

はす:スイレン科の多年草。

すいれん:スイレン科スイレン属の総称。


はい。違います。


★ジ○ニアス英和大辞典

lotus:

1. [植]ハス《ハス科ハス属》

2. [植]スイレン《スイレン科スイレン属》


これが正解。

lotusが「蓮」と「睡蓮」の両方を指すことも示されている。


★リーダ○ズ英和辞典

lotus:《植》ハス(=Indian ~)、スイレン(=Egyptian ~)


簡潔にまとめられている。


もし私がワニ好きなら、クロコダイルもアリゲーターも

ガビアルも区別して呼ぶだろうけれど、今のところ別に

全部「ワニ」で不都合はない。クロコダイルやアリゲーターが

身近な文化圏で生活するような事態になったら、その時に

頑張って覚えよう。


でも、私にとって蓮と睡蓮の違いはとても重要な事項だ。

今夏、「蓮を種から育てています。」と、あちこちで言っていると、

よく、「葉の上に蛙が乗っている風景が似合いますよね。」と

言われる。それは睡蓮である( ̄∀ ̄)


「蓮を見に言って来ました。」と、画像をいただくことがある。

睡蓮の池であることが多い( ̄∀ ̄)


見慣れれば、蓮と睡蓮の違いは一目瞭然なのだが、

それをこの記事でちょちょちょいっと確認してみようと思う。


● 外観


蓮池
画像


睡蓮の池
画像


--------------------------------------------------



画像


睡蓮
画像


--------------------------------------------------



画像


水面に浮いたままの浮き葉が出た後に、立ち葉が上がり、

立ち葉と花は高く高く伸びていく。少なくとも葉に蛙が乗れる

高さではない。


睡蓮
画像


葉は水面に浮いたまま。花も水面近くか、種類によっては

水面からほんの少しだけ立ち上がる。葉に蛙が乗れる

高さである。


● 花



画像
花びらは丸みを帯びており、花全体はお碗のような形。


睡蓮
画像
花びらが細い。


--------------------------------------------------

 

画像
花托がある。ここに蓮の実が生る。


この花托が蜂の巣に似ていることから、蜂巣(ハチス)→蓮(ハス)に

転訛したと言われている。


(余談だが、パソコンのキーボードで「はちす」と入力して変換すると、

ちゃんと「蓮」という漢字が出てくる。)


睡蓮
画像
花托はない。


● 葉



画像
切れ込みがない。


睡蓮
画像
切れ込みがある。


--------------------------------------------------



画像
水を弾く撥水性。


睡蓮
画像
水を弾かない。


★ まとめ


画像
画像をクリックすると、別ウィンドウでオリジナルサイズが
表示されます。拡大画像をご覧になる際は、ウィンドウは
フルスクリーンで開いて下さい。(642 × 642 pixels, 81.0KB)


:「イジョウ、蓮と睡蓮でちた◎」
画像

この記事へのコメント

2010年07月20日 23:51
一度では理解できそうにない。。。
毎度、研究熱心なArshaさんには頭がさがります。
永久保存版の記事ですね(*^^)v

最後のは、よく寝る“睡蓮”?(笑
Arsha
2010年07月21日 00:08
ゴンまま様

見慣れれば、ライオンとトラぐらい違います。
水面からめっちゃんこ高く伸びているのが蓮、
水面近くで完結してしまっているのが睡蓮。
他人にとってはどうでもいいことをとことん
調べることが好きなのです(^^;)

最後のは、よく寝る“睡蓮”。ご名答。
惰眠を貪ってばかりの睡眠する蓮です。
2010年07月22日 00:24
 うちの近くで毎年綺麗に咲いてくれてた蓮、今年は“睡蓮”を決め込んだのか全然咲く気配もありません(^^;)おぉ~い!起きろぉ~!!
Arsha
2010年07月23日 00:05
まろりん様

へぇぇ~。どうしてでしょうね~。
梅雨時の日照不足でしょうか。
梅雨明け後は蓮の大好きなお日様が
たくさんすぎるほど降り注いでいますから、
目覚めてもよさそうなものですのにね(^^;)
2010年07月25日 11:15
すばらし~!
夏休みの自由課題になりそうですね。
以前、タイに行った時に、タイシルクで作った蓮のつぼみ(上の写真そのもの)がとても綺麗で何十本も買ったことがあります。
作りものなので実際にはない色のつぼみもありますが、形も美しくてとても気に入っていました。

連君、お留守番ごくろうさん!
お外はあっぢ~からお家にいた方がいいよ~
Arsha
2010年07月25日 20:34
小雪っぺ様

タイでは蓮を蕾の状態で寺院の仏様にお供え
する慣習がありますから、小雪っぺさんが
買われた絹製の蕾も、彼の地の人々が自分達の
生活に身近な花をモチーフとして創作された
物なのでしょうかねぇ。あの美しい国が、今
政情不安の渦中にあるかと思うと、複雑な
思いがいたします。

蓮さん、涼しいお部屋で快適なお留守番生活。
お陰で、早朝と晩遅くとはいえ蒸し暑い中での
お散歩で夏バテしないかと、少し心配です