黒柴蓮の武者修行

アクセスカウンタ

zoom RSS 花背

<<   作成日時 : 2012/08/12 04:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

少し前の話だが、何年かぶりに母と二人の小旅行をした。

ここ数年は私が家族とゆっくりと時間を過ごすことは

ほとんどなかったのだが、何となく思い立って、母と

出かけることにした。


行き先は京都。信州や岐阜あたりも考えたが、一泊だけだし、

近場で寛げる場所として、職場の同僚に教えてもらった花背に

行くことにした。京都市内ではあるのだが、市街地からは

想像もつかないほど山奥にある地域である。


初日は圓通寺から。
画像
借景の比叡山を望む。


宿泊先は圓通寺から鞍馬あたりに抜けて、くねくねの山道を

マー坊でとことこ走ること、多分1時間半くらい?


大悲山峰定寺という修験道系の寺院があるのだが、

かつてそのお寺の宿坊だったという旅館に泊まった。


事前に分かっていたことだが、携帯電話(ド○モ)が圏外(^^;)

ソ○トバンクだけが入るという、あまりに稀有な逆転現象(^^;)

たまには携帯電話を気にせずに過ごす時間もいいかもね…、





…というわけにもいかず、受信するためにド○モ圏内まで

車で移動すること数回(^^;)


夜なんて、鹿さんの群れに出合ってしまった。

暗闇の草むらで、草を食んでいた。


翌朝は前述の峰定寺を訪れた。


宿泊先の敷地内から参道に入れる。
画像


受付で貸し出される頭陀袋に貴重品とタオルを入れて、

それ以外の携行品(撮影機器他)を預け、杖を借りて

登ることになる。(一般参拝客は本堂までしか行けない。)


御神木の高野槙と仁王門。
画像


…といっても、金剛力士像など、並み居る文化財は

平素は宝物殿にあるそうで、見るものはほとんどない(^^;)


崖に迫り出して建てられた舞台造りの本堂に到着して

見えるのは、自分の目線と同じ高さに広がる深い山々だった。


何もないけれど、全てに満ちている。

混沌としているようで、極めて秩序的である。


そんな印象だった。肌で触れた感覚だったので、

なぜかはうまく述べられない。ただ、価値観が

根本から覆る気分だった。


家路では、名神高速道路に入る前に東寺に寄って、

抹茶ソフトクリームを食べた…、お参りした(^^;)


蓮池がきれい…だろうなぁ〜…、早朝に行けていたら(^^;)
画像


御守を買った。


ペットの御守(^^;)
画像


なんと、この御守、


犬の顔の右目が「御」で、左目が「守」…
画像


:「また御守なのよ…。」
画像
:「首輪に何個つけたら気がすむのかな…。」


2個だけだよっ

(by 姉ちゃん)


生後2021日目

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蓮以外の動物たち
Click on the small images to enlarge them.

画像
Arsha Francis
Shetland Sheep Dog
1989年9月17日生
2005年8月17日没
我が家の永遠の王子様

画像
左:
T-Rex豆助(マメ)
野良猫
2001年春出現
2006年10月25日没
右:
小豆(コマメ)
野良猫
2005年7月出現
現在に至る

画像
黒豆(クロ)
野良猫
2002年4月出現
2003年8月以降所在不明

画像
Tracies and Karens
通称:とうちゃんず、かあちゃんず
2010年6月4日に
金魚屋さんで買ったメダカ
2010年6月5日より
孑孒やっつけ隊として
活動開始
蓮を栽培している鉢での
今後の活躍が期待される。
花背 黒柴蓮の武者修行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる